カッシーナ・タヴィン/ 68 セッサンタオット 2019

商品名 68 セッサンタオット 2019
原語表記 68 2019
ワイナリー/生産者 カッシーナ・タヴィン/ナディア・ヴェルーア
タイプ 薄赤
生産地域 スコルツォルンゴ/ピエモンテ/イタリア
ブドウ品種 バルベーラ50% ルケ50%(自社畑)
アルコール度数 12%
サイズ 750ml

¥3,520 税込

在庫10個

説明

バルベーラ50% ルケ50%(自社畑)プラスチック桶で30日のマセラシオン、ステンレス熟成、ノンフィルター SO2は20mg/L添加。

最初はバルベーラっぽい香りが主体、だんだん甘やかに、ルケっぽい香りが開いてきます。

甘草や、土っぽいニュアンスを含みつつ、ブルーベリー様のわかりやすい果実味が主体で、時間が経つとどうなるか、実はこの二人はなじむというより、二人を相手に会話している様な感じが続くのかもしれません、にぎやかなワインですね!是非経年変化を見て見てください。

叔父さんのシストさんと父のオッターヴィオさんに捧げたワイン。叔父の名前Sisto→Sesto(6番目という意味)、父の名前Ottavio→Ottavo(8番目という意味)という言葉遊びから。

カッシーナ・タヴィンについて

ピエモンテ州・アスティの中心部から北東へ5kmのところにある小高い丘の上にある町スクルツォレンゴ。野菜やブドウに加え、ピエモンテの名産であるノッチョーラの栽培などの農業が盛んな、のどかな町です。この地で代々農家として歩んできたヴェッルーア家もまた、ブドウとノッチョーラの栽培で生計を立てる小さな農家です。現在農園の当主はナディア・ヴェッルーア。本格的にブドウ栽培を始めたのは父オッターヴィオの代からで、それまでもブドウは植わっていたし、自分たちで飲む分のワインは、少量造っていたと言います。また1990年頃まではブドウのままでの量り売りや、ワインにしてダミジャーナでの販売をしていたそうです。そして、彼らワイン造りに欠かせないのが、ルケという品種の黒ブドウです。もともとこのルケという品種は、このスクルツォレンゴとカスタニョーレ・モンフェラートの二つの村にまたがるゾーンで古くから栽培され、根付いた品種であり、長い歴史の中で、お祝いやお祭りの時、必ずこのブドウのワインを飲み交わしたとされています。地元の方々にとってはこのルケが土地の味であり、懐かしい味なのでしょう。このワインがあまりにも美味しくて自信があって仕方無かった、父オッターヴィオとその仲間たちは、ついには皆でルケのボトル詰めを開始しました。これが今現在ある、ルケ・ディ・カスタニョーレ・デル・モンフェラートDOCGが誕生した起源ともいえます。このルケを筆頭に、グリニョリーノやバルベーラといった黒ブドウのみを栽培しているナディア。畑も病害などに常に悩まされていますが、強い精神力を持って畑と向き合い、農薬や化学肥料に頼らずに栽培を続けています。

 

インポーター資料より

レビュー

レビューはまだありません。

“カッシーナ・タヴィン/ 68 セッサンタオット 2019” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です