コルヴァジャッラ/ロッセット 2019

商品名 ロッセット 2020 
原語表記 Rossetto 2020
ワイナリー/生産者 コルヴァジャッラ
タイプ ロゼ
生産地域 ラツィオ/イタリア
ブドウ品種 サンジョヴェーゼ、樹齢 8 年
アルコール度数 11.50%
サイズ 750ml

¥3,080 税込

在庫切れ

商品カテゴリー: , , ,

説明

小ぶりな赤という意味合いの軽やかさを持った赤ワイン。最近は毎年、ロッソとは違う立ち位置のワインとしてリリースされるようになりました。サンジョ ヴェーゼの畑で、標高の高いところより収穫される骨格のあるブドウから生まれるロッソ。対照的に、標高が低く果実が豊かに成熟するロッセットは、飲 み心地を追求した軽やかな赤。こちらは天候に恵まれなかった 2019 の収穫という事もあり、リリースより 1 年以上十分に休ませたことも相まって、果 実味はやや小さいものの、しっかりとした酸とフレッシュさを持った果実、やや高めの揮発酸のバランスによって、赤ワインであることを忘れてしまうよう な、素晴らしすぎる飲み心地を持ったワインとなりました!

コルヴァジャッラ について

まるで箱庭のような菜園とブドウ畑より造られる、最高の飲み心地を持ったワイン。
ラツィオ州ヴィテルボ北部、ウンブリアのオルヴィエートまで僅か2km。州境にある町ルビリアーノ。ローマ 出身のベアトリーチェ アルヴァイラーは 1997 年、ルビリアーノの郊外に約 2ha の土地を手に入れた。以前 から思い描いてきた、自然に囲まれた暮らしのためである。
息子の独立をきっかけに 2008 年、ローマからルビリアーノへと移り住ん だ。ローマから車で 1 時間半、オルヴィエートの町まで 30 分足らずでありながら、周囲は手付かずの森に囲まれている理想的な環 境。
そこで彼女は菜園で野菜を育て、様々な果樹を植える。他にもニワトリ、牛、馬、羊、ロバなどの飼育を行い、野菜や果実はもち ろん卵やミルクまで、自分達の食べるものは自ら作り育てている。当然ながら彼女の菜園では全て、薬品や化学肥料をつかわず、 自然環境を尊重した栽培を行っている。 そして家の脇にある 1ha の土地、古くはブドウ畑として使われていたこともあり、将来的にはブドウ樹を植え、自家消費用のワイン を造りたいと考えていた。しかしブドウ樹の栽培、さらに言えばワインの醸造については全くの素人である彼女。とある出会いがきっか けとなり、近くの町グラードリの造り手レ コステ、ジャンマルコ アントヌーツィのサポートによってブドウ栽培、ワイン醸造を始めること になります。

ジャンマルコの考える自然回帰の栽培、純粋なブドウの表現のための醸造、そして圧倒的な飲み心地の良さを持った ワインに心酔したベアトリーチェ。元来、人工的な手法やコントロールよりも、ナチュラルなものを求めていた彼女。すべての工程に おいて、酵母添加や温度管理、その他一切の介入を排し、SO2 も完全に無添加にて醸造からボトル詰めまで行うことを決めま す。まさにレ コステと変わらない価値観に至ります。 畑は合計 1ha、サンジョヴェーゼを中心にカナイオーロ、トレッビアーノ、プロカーニコ、ヴェルメンティーノ、ペティーノ、ロマネス コ、どのブドウも Le Coste の畑より取った苗木をベースに 2010 年に植樹。粘土質がやや強いものの、グラードリと近い火山性土 壌特有の痩せた要素と、オルヴィエート特有の土地の強さ。長らく放棄されていた事、そして周囲は手つかずの自然環境が残る事 もあり、生物の多様性、自然のバランスが保たれている土地。畑ではビオディナミ式の調剤を用いるほか、年最低限に必要な銅と 硫黄物を使用する以外、化学的な薬品や肥料はもちろん、堆肥さえも使わない栽培方法。 醸造においては現在、ジャンマルコのサポートの元取り組んでいます。その方法はもちろん、レ コステで行っているアプローチと 何ら変わることはない。

数種類の白ブドウで造られるビアンコ、サンジョヴェーゼをベースに造られるロッソ、そしてチリエジョーロは別 に単独で醸造されている。ビアンコは、唯一収穫時期の早いヴェルメンティーノを先に収穫し果皮と共に醗酵。そこに圧搾した他の ブドウを加え、古バリックにて醗酵、熟成。非常に繊細、そして抜群の口当たりはもちろん、そこに土地由来の芯の強さを感じる純粋 でありながら個性を持った白。
サンジョヴェーゼは畑のポジションによって成熟するブドウのレベルが異なるため、熟成の段階でいく つかのキュベに分けてボトル詰めされる。特に寒さを強く感じる 2014 については、ブドウの味わいが大きく変わるため、全く別のワイ ン Rossetto(ロッセット、小さいロッソの意味合い)としてリリース。そして、非常に個性的ともいえるチリエジョーロ 100%でボトル詰 めされる Ceresa チェレーザ。果実的なタンニンと繊細さ、軽やかさ、サンジョヴェーゼとは全く違う雰囲気を持ったワイン。樹齢も 若く、2017 年が初めてのリリースとなるカンティーナ。ブドウのブドウのポテンシャル、造り手としての経験値は、まだまだ及ばないも のの、ジャンマルコのサポートの元、表現される地域的な個性、ボルセーナ周辺の土地の軽やかさとは違う、オルヴィエート特有の 重心の低さ。何とも興味深い造り手がまた増えました。

都会での暮らしからセミリタイアし、自給自足の生活を求めて農園を営むベアトリーチェ。2010年に植樹した畑では、樹 齢を重ねたこと、そして土地の土壌環境も整ったことで、ブドウのクオリティもだいぶ上がってきたと話す彼女。2018、2019と雨が多く、厳し い収穫が続きましたが、恵まれた収穫の2020 を含め、久しぶりに楽しみのあるワインばかり!

 

インポーター資料より

レビュー

レビューはまだありません。

“コルヴァジャッラ/ロッセット 2019” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です