コート・デュ・ジュラ・トゥルソー・レ・トゥルイヨ 2015 / ドメーヌ・モレル

商品名 コート・デュ・ジュラ・トゥルソー・レ・トゥルイヨ 2015
原語表記 Côtes du Jura Trousseau 2015
ワイナリー/生産者 ドメーヌ・モレル/ヴァランタン・モレル
タイプ
生産地域 ポリニー/ジュラ/フランス
ブドウ品種 トゥルソー 100%
アルコール度数 12.5%
サイズ 750ml
 

¥4,601 税込

在庫1個

商品カテゴリー: ,

説明

ドメーヌ・モレル について

ヴァランタンの祖父は55歳から畑仕事に専念し、父も20代の時から同じようにその仕事に傾倒。1980年代に入るとまもなく、彼らは10haに満たない畑にブドウ樹を植えました。当初は地元の協同組合にブドウを売っていましたが、1985年にドメーヌの創業を決意し、現在に至ります。2014年、ヴァランタンが公式にドメーヌ・モレルを譲り受け、その年にビオロジックへ転換しました。

本人の略歴:もともとヴァランタンは、栽培家を目指していたわけではありません。4年間ストラスブールで法律を学び、法律家として1年間経験を積みましたが、デスクに向かうだけの人生に興味を失い、先代の歩んできたワイン造りの道に戻ろうと決断。アルザスのロウファッハにてBTSを取得し、クレマン・クリュールで研修中に、自分の興味と情熱が“ナチュラルな方法で行うワイン造り”にあると自覚。それには畑でのビオディナミ栽培に留まらず、セラーの中でもブドウを尊重した造り方を追求する必要があると考え至りました。アルザスでは、同じ志を持つ先達のおかげで、良き指導者や助言者に出会えました。アルザスの栽培家たち(パトリック・メイエ、ブルーノ・シュレール、ジャン・ピエール・フリックら)と、彼らの厳しい栽培法から大きな感銘を受けました。また、醸造学の恩師から紹介されたヴァン・ナチュール専門の醸造家たちの醸造法から多大な影響をうけ、彼らは今でも醸造コンサルタント役をしています。ヴァランタンが、ジュラにおけるナチュラルな栽培の動きを知ったのもアルザスでした。ジュラに戻ったヴァランタンは、パスカル・クレレ、ドメーヌ・ピニエ、ステファン・ティソ、フィリップ・ボールナールなど、影響を受けたヴィニュロンたちにすぐに会いに行きました。

哲学:ヴァランタン・モレルの哲学は、ルドルフ・シュタイナーに根ざしており、植物の観察と理解を通じて、生物の世界に対する感覚を高めることを目ざしています。それは、セラーや畑での介入を最小限に留めることでもあります。アルザス出身の知人から教わった福岡正信氏の著書からも、大きな影響をうけました。あれこれ手を加えるのではなく、何をしないことを学びなさい。彼から哲学と自然に対する向き合い方を学んだのです。ヴァランタンの父は、ビオロジック栽培家ではありませんが、農業におけるエコロジーを推し進め、1999年に除草剤の使用をやめました。畑では、ブドウの健康はコンディションの良い土壌から生まれると考え、微生物をできる限り活かした栽培に努めています。セラーでは、ヴァン・ナチュールの考え方にもとづいてシンプルに、ワインはアルコール醗酵したブドウジュース(果汁)であるべきだと思い、最大限の個性を保つために、できる限り手を加えずにワインを造っています。そのためには、より注意深く、できるだけ介入せずに見守ることが大切ですし、ワインはできる限り動かさず、亜硫酸は不使用もしくはごく微量にとどめています。

 

レビュー

レビューはまだありません。

“コート・デュ・ジュラ・トゥルソー・レ・トゥルイヨ 2015 / ドメーヌ・モレル” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です