シルヴァン・マルティネズ/ガズゥイ 2019

商品名 Gazouillis 2019
原語表記 2019 
ワイナリー/生産者 シルヴァン・マルティネズ
タイプ 白微発泡
生産地域 ロワール/フランス
ブドウ品種 シュナン・ブラン 70%、グロロー・グリ 30%
アルコール度数 12.5%
サイズ 750ml
 

¥4,400 税込

在庫1個

商品カテゴリー: , , ,

説明

シュナン・ブラン 70%、グロロー・グリ 30% うまみたっぷりの甘酸っぱさ 2019はグロロー・グリを加え、バランスと奥行きを表現。
ガズゥイとは「(幼児の)片言、さえずり」という意味を持つ。生まれたてのワインが、話し始めた、成長した嬉しさが込められている。

シルヴァン・マルティネズについて
Vin Artisanal、職人が醸す手作り感いっぱいのワイン》 昔、川沿いを自転車で走っているときに見かけた理想のカーヴ。まさか自分が使えるようになるとは思っていなかったシルヴァン。すべてSO2ゼロ。ブドウの熟度、職人肌の手作業の質が現れています。

ロワール西部の都市、アンジェ市から南東約20kmにある小さな村、シュメリエにある蔵。シルヴァン・マルティネズは、体格はそれほど大きくないですが、がっしりと逞しく、黒い無精ひげを顔中に生やした34歳。ワイン造り以外については余りしゃべらず、無口で控えめな人柄です。農業を営んでいた祖父の後を追いかけて子供時代をすごしたせいで、小さな頃から自然が大好きだったシルヴァンは、早くから農業を目指しましたが、とりわけ懇親性があって深い文化を持つ「ワイン」に惹かれました。ワイン造りの仕事に就き、大小数ヶ所の蔵元で働いて経験を積んでいきました。彼は、一つの果物が自然の作用によって味わい豊かな飲み物に変わることが、魔法によってできているようで、とても不思議に感じられ、どんどんその世界に引き込まれていきました。独立するまでの数年間を、ロワールの自然派の重鎮 マーク・アンジェリ、ルネ・モス、そしてオリヴィエ・クザンらの下で働きました。最後に働いたのは、馬で耕作する研修を開くほどの腕前を持つオリヴィエ・クザン。彼はSO2無添加でワインを作っています。彼と共にビオロジックでブドウを育て、馬を操って土を耕す仕事をしながら、自然環境を重んじる農業と共に、SO2無添加でのワインを造りに感銘を受けて、自身のスタイルにとりいれてゆきました。こうして2007年に独立したのです。とても生産量が少ない蔵ですが、自分にできることを最大限して、美味しいワインを造りたい。飲んで喜んでくれる人が一人でも多くいてくれれば嬉しい、という思いが伝わってきます。

インポーター資料より

レビュー

レビューはまだありません。

“シルヴァン・マルティネズ/ガズゥイ 2019” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です