ジェローム・アルヌー/ アルボワ・パラドクス・ピノ・ノワール 2020

商品名 アルボワ・パラドクス・ピノ・ノワール 2020 
原語表記 Arbois Paradoxe Pino Noir 2020
ワイナリー/生産者 ジェローム・アルヌー
タイプ
生産地域 ジュラ/フランス
ブドウ品種 ピノ・ノワール100%
アルコール度数 13%
サイズ 750ml

¥5,500 税込

在庫6個

商品カテゴリー: , , ,

説明

粘土石灰質、南東向き。
除梗して、2日に1度軽くピジャージュしながら15日間のキュヴェゾン。
野性酵母にて果皮浸漬発酵。熟成はステンレスタンクで4か月。濾過・清澄・SO2添加せず。抜栓直後から遮蔽物なく見渡すような香りの広がり。
熟した新鮮なダークベリー、わずかにアニス系スパイス。赤~黒果実、香りのグラデーションが継ぎ目なく現れる。
この手のワインはMC的な香味が前に出がちだが、冷涼感を伴う果実の風味が全体に陰影を与えてくれて大らかになりがちなアルボワのピノ・ノワールですが奥行きすら感じさせます。抜栓直後よりわずかに揮発酸、浸漬由来のタンニンは既に溶け込んでおり紅茶葉のような余韻。
抜栓4時間で豆出ました。現状、豆香が出るまでの時間が翌日ぐらいになっております。(インポーター資料より)

レ・キュヴェ・ジェローム・アルヌー(ラ・カーヴ・ド・ラ・レーヌ・ジャンヌ)について

ラ・カーヴ・ド・ラ・レーヌ・ジャンヌ(ル・セリエ・デ・ティエルスリーヌ)は、1997年に生産者からブドウを買い付けるスタイルのネゴシアンとして、ジュラのビオディナミ生産者として注目を浴びるステファン・ティソと妻のベネディクトにより設立されました。
その後2009年にブノワ・ミュランが共同経営者として加入。ステファン・ティソが醸造を担当、ブノワ・ミュランが営業を担当していました。

2012年からはカーヴ・ド・ラ・レーヌ・ジャンヌの醸造についてはドメーヌ・ティソで彼の右腕として10年以上従事していたジェローム・アルヌー氏に任せています。ネゴシアンのブランドとして「レ・キュヴェ・ジェローム・アルヌー」(栽培・醸造責任者である自身の名前を冠した“ジェローム・アルヌー”シリーズ)と「ラ・カーヴ・ド・ラ・レーヌ・ジャンヌ」があり、ジェローム氏が両ブランドの醸造責任者を務めていました。

2019年、ラ・カーヴ・ド・レーヌ・ジャンヌは醸造責任者であるジェローム・アルヌー氏に売却し、ブノワ・ミュラン氏は念願の自社畑を持つドメーヌ ル・クロ・デ・グリーヴを購入し、責任者となりました。

ワイン(特にシャルドネ「グラン・ド・ピエール」およびピノ・ノワール「レ・リュサード」)はアルボワでも屈指の歴史あるカーヴにて樽熟成が行われます。カーヴ内は2列のオジーヴ穹窿を支えるアーチ型の支柱が奥まで突き抜けるように整然と並んでいます。

このゴシック様式の美しいカーヴを建築したのは、ブルゴーニュ伯オトン4世の娘で、1316年から1322年までフランス王となるフィリップ5世・長躯王(フィリップ4世・端麗王の息子)と結婚したジャンヌ。フランスの女王となったジャンヌは夫の死後、現在のアルボワ市ブルゴーニュ通り5番地にあたる場所に、自分の母であるアルトワ女伯マティルドと共に、屋敷の中にこの素晴らしいカーヴを建設しました。
この歴史的建造物は当初、この地方の最高のワインを保存するために作られましたが、その後建設時のままの形で現在まで残されました。

メゾンでは御目に適ったブドウを買い付けることにより、伝統的な栽培方法のものと有機栽培のもの双方において提供できるアイテムが増え、また表現できるテロワールの幅を広げることが可能となっています。

 

インポーター資料より

レビュー

レビューはまだありません。

“ジェローム・アルヌー/ アルボワ・パラドクス・ピノ・ノワール 2020” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です