ジュリアン・プレヴェル/ ル・ジュ・ブリフィアン 2019

商品名 ル・ジュ・ブリフィアン 2019
言語表記 Le Jus Brifiant
ワイナリー/生産者 ジュリアン・プレヴェル
タイプ ロゼ泡・辛口
生産地域 モンルイ/ロワール/フランス
ブドウ品種 ガメイ50% コー 50%(手摘み/平均40年)
アルコール度数 12.5 %
サイズ 750ml

¥3,630 税込

在庫1個

説明

淡いサーモンピンクの外観、さくらんぼやアセロラ、砂糖菓子のチャーミングな香り、
やや甘みを感じるアタック、桃やイチゴジャム、さくらんぼのエキス、
ガス圧はあまり強くないものの、エキスに集中力があるためガスが抜けた後も美味しく飲めます。

ステファン・コサの畑を14年に引き継ぎマキシマムフルーツ!をフィロソフィとするジュリアン、19年はリッチでサニーな年でした。ガメイとコーを直接圧搾しグラスファイバータンクで発酵、瓶詰めしSO2無添加で造りました。細かい泡立ちにサーモンピンク色、さくらんぼやアセロラ、リンゴ、ピンクグレープフルーツの香り、果実の甘味が心地よく、上品で瑞々しく柔らかいチェリー感が拡がります。

水平式圧搾機で直接圧搾。25hlのグラスファイバータンクで2 ヶ月発酵。35g/Lの時点で2019年11月にティラージュ。
瓶内二次発酵・熟成後、デゴルジュマン。無濾過・無清澄/残糖:17g/L。粘土 砂。

 

ジュリアン・プレヴェル について

 1982年3月9日、ブルターニュ生まれ、最初は全くワインと違う仕事をしていました。お風呂の販売会社にお勤めでしたが、自然の中で仕事がしたいと思いTours近郊で畑仕事をしていました。その後、その興味は葡萄に移り、ワインを造ろうと28歳の時にアンボワーズの醸造学校に入学。入学する前からフランツソーモンの剪定を手伝ったりしておりました。ですからフランツのところでスタージュ(研修)でお世話になり、本格的にナチュラルワインと出会います。今まで学校で学んでいたワインと全く違って、本当に葡萄が生き生きと味わいに表現されたワインを飲んでこんなナチュラルワインを造りたい!と決心。フランツとステファンは親友だったので、彼のような若者にステファンの残した畑を任せたらどうか?とフランツがステファンの奥様に話を持ちかけ、とんとん拍子に進んだのです。そして2014年~ジュリアン・プレヴェルが正式にステファン・コサの畑のオーナーになり、新たな新人醸造家が誕生したのであります。地元ではジュジュの愛称で皆に親しまれている。仲がいい生産者はジュリアン・ピノーだそうです。

インポーター資料より

レビュー

レビューはまだありません。

“ジュリアン・プレヴェル/ ル・ジュ・ブリフィアン 2019” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です