ステーファノ・レニャーニ/バンブー・ロード 2018

商品名 バンブー・ロード 2018 
原語表記 Bamboo Road 2018
ワイナリー/生産者 ステーファノ・レニャーニ
タイプ
生産地域 リグーリア/イタリア
ブドウ品種 マルヴァジーア・ディ・カンディア、マルヴァジーア・トスカーナ、トレッビアーノ、アルバーナ、ヴェルメンティーノ
 アルコール度数 12%
サイズ 750ml
 

¥2,750 税込

在庫9個

商品カテゴリー: , ,

説明

マルヴァジーア・ディ・カンディア、マルヴァジーア・トスカーナ、トレッビアーノ、アルバーナ、ヴェルメンティーノのブレンド。 リリース当初から素直な味わいだったという事もあり、凄い本数が短期間で動いたステーファノ レニャーニのバンブーロード2016が完売し、2017年がリリースされました。甘くさえ感じるほどに濃密だった2016比べるとシュッとした印象ですが、2017もなかなかにリッチですし、どこぞのCMでいうところの“すぐ美味しい、凄く美味しい”ってやつです。(インポーター案内より)
ステーファノ・レニャーニについて
ステーファノ・レニャーニはリグーリア州ラ・スペツィア、リグリア海に面したアペニン山脈のふもとにあり、サルザーナから 5kmほどの丘にある町、アルコラにたった1ha の畑でヴェルメンティーノのみを、わが子のよ うに大切に、情熱と愛情をこめて、ビオディナミ農法で栽培しています。
ボローニャ大学で農業を学んだ後、保険関係の仕事をしていましたが、何十年もの間、ぶどう畑と醸造に強い興味と想いを持っていました。念願かなって 2004 年、妻のモニカさんの家系が所有する畑1ha にてヴェルメンティーノの栽培を始めることができました。ひとりで畑、醸造、すべて行っています。
幸運にもアンジョリーノ・マウレ氏が運営する VIN NATUR のグループの生産者達とつながりがあり、栽培、醸造において多くの情報をもらうことができました。そのため、彼の畑はもちろん、ビオディナミ農法を用いています。
年間をとおして、畑ではごくわずかの銅と、必要最低限の硫黄しか使用しません。 最初の年(2007 年)に収穫できたぶどうは 4kg のみ。2009 年には 20kg になりました。しかし、2010 年にはベト病が発生し、カゴ9つ分のぶどうしか収穫できませんでした。 土壌は、非常にミネラルを豊富に含んだ粘土質砂質土壌で、白い岩がごろごろと混じっています。レニャー二氏の醸造方法は非常にシンプル です。収穫後すぐに圧搾し、皮と共に5日間マセラシオンを行います。多くても1回のみ樽のデキャンタを行いますが、温度調節、清澄およびフィ ルターは一切行いません。もちろん、二酸化硫黄の添加はごくごくわずか、というのが彼のポリシーです。
インポーター資料より

レビュー

レビューはまだありません。

“ステーファノ・レニャーニ/バンブー・ロード 2018” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です