ドゥ・ローブ・ア・ローブ 2015/ドメーヌ・デ・フォーヴェット

商品名 ドゥ・ローブ・ア・ローブ 2015
原語表記 De l’aube
ワイナリー/生産者 ドメーヌ・デ・フォーヴェット/マリーズ・シャトラン
タイプ
生産地域 ブルゴーニュ/フランス
ブドウ品種 ピノ・ノワール
アルコール度数 12%
サイズ 750ml

 

¥6,480 税込

在庫3個

商品カテゴリー: , 商品タグ:

説明

アレクサンドル・ジュヴォーの奥さんが手掛けるワインです。彼女のファーストリリースとなるこの2015年は入荷時から約2年4ヶ月の時を経て今回のご案内となります。入荷当時は色合いが赤紫のしっかりとした濃い色合いでした。約2年4ヶ月が経過した現在は赤紫から紫がとれて深紅の鮮やかな赤色へと変化しています。また、味わいもカシスリキュールを想わせる黒系果実の凝縮したエキス感からピノ・ノワールらしいフランボワーズソースのような赤い果実の風味へと変わり、吸い込まれるような妖艶さがグラスに顔を近づけただけでも感じられるほどです。抜栓直後から芳醇でしなやかな様子を伺い知ることができ、マコンでありながらニュイのような繊細なイメージを想い浮かべるような雰囲気を持っており、ただ黙って飲み進めてしまうような魅力があります。甘みと酸はバランスが良く滑らかで緻密なエキス感が広がり、シルキーで繊細なタンニンがやや残ります。抜栓後2日目はややしっかりと
した味わいで、抜栓時のニュイのような印象から南のボーヌやマコンといった上品さの中に骨格や芯の太さといった印象が徐々に出てくるように感じられ、1本で北から南のブルゴーニュを体感できるような味わいです。まだ若々しい果実味を持ちながら、大地のような土や煙を想わせるテロワール由来のニュアンスも兼ね備えており、また数日後には、だしのような風味も感じられるようになります。この先の熟成で一層磨きがかかることは容易に想像ができ期待が湧く1本です。

ドメーヌ・デ・フォーヴェット/マリーズ・シャトラン について

ドメーヌ・デ・フォーヴェットは、アレクサンドル・ジュヴォーの奥さん、マリーズ・シャトランが立ち上げたドメーヌです。フォーヴェットとは小さな小鳥のことを指しますが、彼女が昔住んでいた森に囲まれた美しい街の住人のことを指す愛称で、その思い出深い愛称をドメーヌ名にしました。2016年6月入荷致しました2015年(現在倉庫にて寝かせております)のワインが彼女が初めて手がけたもので、「ドゥ・ローブ・ア・ローブ」新しい人生の幕開け、夜明けの畑や一日の始まりなど、明るい未来が開けるような意味合いで名付けられました。

 

インポーター資料より

レビュー

レビューはまだありません。

“ドゥ・ローブ・ア・ローブ 2015/ドメーヌ・デ・フォーヴェット” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です