ドメーヌ・ソーヴテール/ ラピエール・マセラシオン 2018

商品名 ラピエール・マセラシオン 2018
原語表記 Rapillères Maceration 2019
ワイナリー/生産者 ドメーヌ・ソーヴテール 
タイプ
生産地域 ブルゴーニュ/フランス
ブドウ品種 シャルドネ 100%
アルコール度数 13%
サイズ 750ml

¥6,380 税込

在庫5個

説明

畑名がラピエール。石英を多く含む、粘土石灰質土壌。手摘み収穫。除梗無しの全房を60日間グラスファイバータンクでマセラション・セミ・カルボニック。ピジャージュ無し、フラージュ無し、ルモンタージュ無し。自生酵母でアルコール発酵。マロラクチック発酵もあり。手動の木製垂直プレスで7日間かけて圧搾。古樽に入れ、24カ月間樽熟成。ウヤージュ有り。フィルター無し、コラージュ無し。SO2無添加。

 

ドメーヌ・ソーヴテール(ジェローム・ギシャール) について

ギィ・ブランシャールの畑を引き継いだ気鋭の生産者。畑仕事に関して特に評判が高く、その葡萄をフィリップ・ジャンボン氏も買い付けるほどで評判の高かったギィ・ブランシャールの畑を引き継いだジェローム・ギシャール。

2007年にワインを車庫で造り始め、2011年に現在のドメーヌを買い取り、友人のギー・ブランシャール氏と共にワイン造りを開始。ギー・ブランシャール氏は95年からオーガニック栽培を行い2005年から自然派ワイン作りをスタート。
1年間ジェロームに醸造と栽培の知恵と経験を教える。2012年/ジェロームが独立して自然派ワイン作りをスタート。

馬を使って畑を耕し全てを手作業で行っており、数箇所に分かれた葡萄畑はどこもとても小さく、中には0.5haの畑も。樹齢は30~80年と古く、そのお陰で深みがありバランスのとれた長熟型のワインが生まれる。
ジェロームが造るワインは全て酸化防止剤無添加で造られている為、独特の色合いを持っていますが、不思議とヴィネガーのような酸化にはならず、独自の風味を持つワインへと変貌を遂げる。

 

インポーター資料より

レビュー

レビューはまだありません。

“ドメーヌ・ソーヴテール/ ラピエール・マセラシオン 2018” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です