ポトロン・ミネ / オン・ゴグッテ 2021

商品名 オン・ゴグッテ 2021
原語表記 En Goguette
ワイナリー/生産者 ポトロン・ミネ/ジャン・セバスチャン
タイプ
生産地域 ルーション/フランス
ブドウ品種 グルナッシュ50%(樹齢11年)、シラー50%(樹齢28年)
アルコール度数 11.5%
サイズ 750ml

¥4,070 税込

在庫6個

説明

グラップ・アンティエール(全房)のぶどうをグラスファイバータンクにて7日間のマセラシオン・カルボニック。
9月にプレスした後、フリーラン・ジュースとジュ・ド・グットをブレンドし、木製樽内でアルコール発酵を終了。
11月に瓶詰め。 灼熱の地、ルーションで造られたとはにわかに信じがたい軽やかさ… プリムールのなせるワザか、いやジャン・セバスチャンの本領が大発揮された銘品! 酸味と果実味のバランスが恐ろしく良い。
このオン・ゴグッテは師匠のジャン・フランソワが率いる、フラール・ルージュの「オクトーブル」同様、ポトロン・ミネの一番早く発売されるワイン。 いつもはグルナッシュもアッサンブラージュされますが… 特に8月20日に収穫したシラーの質に大満足!シラー100%で造られました!

ポトロン・ミネ について

※ポトロン・ミネ=猫のお尻 転じて“日の出”という意味。
パリでエレベーター技師として会社を経営していたジャン・セバスチャン。自然派ワインと出会い、一気にのめり込んでいった。会社を任せ、フラール・ルージュ、ティエリー・ピュズラの蔵元で栽培、醸造を始める。特にジャン・フランソワ・ニック(フラール・ルージュ)との出会いは運命的!カリニャンとミュスカの畑を全面的に任され、フラール・ルージュの凄さに大貢献したのだ。謙虚さと努力が実を結びトップクラスに躍進2008年に念願の独立。ジャン・フランソワ・ニック、エリック・ピュフェリング(ラングロール)など自然派トップ生産者たちからアドバイスをもらい最先端の作りをトライし続けた!努力を惜しまない真面目さ、謙虚さ、内に秘めた闘志と情熱で6年間コツコツと畑仕事に打ち込んだ結果2014年春にフランスのマルセイユで開催された自然派大試飲会「ルミーズ」では自然派トップ生産者たちから称賛を浴びる。
フランス自然派の裏の裏まで知り尽くす男、あのフランソワ・エコ氏も「1番注目している蔵!」と、太鼓判!

インポーター資料より

レビュー

レビューはまだありません。

“ポトロン・ミネ / オン・ゴグッテ 2021” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です