ミラン・ネスタレッツ/ベル 2022

商品名 ベル 2022
原語表記 BĚL 2022
ワイナリー/生産者 ミラン・ネスタレッツ
タイプ
生産地域 モラビア/チェコ
ブドウ品種 Gruner Veltliner,Welschriesling, Muller
Thurgau(樹齢:4–21 年)
アルコール度数 12.5%
サイズ 750ml
 

¥4,400 税込

在庫切れ

商品カテゴリー: , ,

説明

私のさりげないモラヴィアのルーツ。ナチュラルワインのファンもヘイターも、誰とでも飲めるワインです。
かつては日常のワインとして常にブレンドされ、大衆によって大量に飲まれていた「一般的な」地元のブドウ、ー私たちのシグネーチャーブドウとも言えるグリューナー・フェルトリーナと、ヴェルシュリースリング、ミュラー・トゥルガウーで造りました。
理にかなっていることですが、これらの品種は熟しすぎにくいため、ワインのアルコール度が低くて飲みやすく、大衆が大勢で飲むワインとしては理想的な組み合わせなのです。ワインはとてもクラッシックな造り、浸漬は行わず、優しくプレスした後、タンクで熟成しました。

畑:Velké BíloviceとMoravský Žižkovの様々な畑から
南⻄/南東向き 面積:4ha 標高:205 – 260 m 土壌:レス土壌

9月19-24日に全てのブドウを手摘みで収穫、選果、除梗。破砕せずに空気式プレスで12時間かけて直接圧搾。ステンレスタンクで45日間発酵し、ステンレスと樽で熟成。ラッキングし、2023年4月に瓶詰め。瓶詰め時に亜硫酸添加10 ppm添加。

 

ミラン・ネスタレッツについて

「MADE OF GRAPES, NOTHING ELSE」
ミラン・ネスタレッツのワイナリーは、オーストリア国境から15kmのチェコ共和國南東部の南モラヴィア地方Velké Bíloviceにあります。
ミランは2代目で、彼の父は以前ドイツのワイナリーで働いていましたが、2001年に故郷であるモラヴィアに戻ってワイナリーを始めました。当時ミランは13歳で、それから彼のワイン人生が始まっています。2003年15歳の時に初めてワインを作り、高校・大学での一般的なワイン教育ではナチュラルワインが造りたい彼にとっては楽なものではありませんでしたが、自分でトライ&エラーを重ねながら学び、2020年で18回目の収穫を迎えます。

ワイン畑は合計12haで、オーガニック農法で管理され、合成の殺菌剤や除草剤などは完全に排除されています。

葡萄樹を優しい方法で育てることにより、最良な結果をもたらせてくれると信じています。ワインはチェコ共和國のモラヴィア地方で育つ典型的な葡萄のピュアな表現で、テロワールやミラン自身の視点を描写するとともにミランたちの情熱や熱意や直感がつまっています。セラーでのワインはすべて自然に発酵し、ほとんどがオークまたはアカシアの樽で醸造されます。2015年ヴィンテージから、畑での選果をより厳しく行い、より短い期間のスキンコンタクトで、偉大なエレガンスを得る試みを行うミニマルなエチケットのシリーズ(すべてスキンコンタクト)が始まりました。2017ヴィンテージでのポップなラベルによる単一品種カジュアルシリーズがリリース。2017年ヴィンテージからミニマルエチケットシリーズは、複数品種での表現になり、より短い期間のスキンコンタクトでさらなるミラン流エレガンスを目指したワインとなっています。
現在、世界で注目され、世界を響す生産者となったミランですが、マイペースに素晴らしいワインを造り続けています。
「2022年は非常に乾燥した暑い年で、降雨量はわずか421mm(平年より約100mm少ない)しかなく、6月から8月にかけて気温が30°Cを超える日が32日以上ありました。若いブドウ樹は明らかに苦しんでいましたが、古いブドウ樹は非常にうまく対処していました。できるだけブドウ畑に日陰と水を確保するため、我々は最善を尽くしました。8月の終わりには気温が急激に下がり、9月に降り続いた雨のおかげでブドウが熟すのが非常に遅くなりました。幸運なことに10月には暖かい天候が戻り、特に私が偏愛するグリューナー・フェルトリナーやブラウフレンキッシュのような晩生品種の作柄は良かったです。発酵は例年より時間がかかりましたが(私たちの地域だけでなく、中央ヨーロッパ全土が多かれ少なかれそうでした)、最終的にワインはアロマティックで酸とアルコールが低く、早くから美味しく楽しめるも
のになりました。by ミラン・ネスタレッツ」
インポーター資料より

レビュー

レビューはまだありません。

“ミラン・ネスタレッツ/ベル 2022” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です