ルーシー・コロンバン /ピノ・グリ アイヒベルグ 2018

商品名 ピノ・グリ アイヒベルグ 2018
原語表記 Pinot gris GRAND CRU EICHBERG 2018
ワイナリー/生産者 ルーシー・コロンバン
タイプ
生産地域 アルザス/フランス
ブドウ品種 ピノグリ 100% 
アルコール度数 13.5%
サイズ 750ml

¥5,720 税込

在庫2個

商品カテゴリー: , , ,

説明

残糖と揮発酸の具合に関しては、ピノ ブランと同程度なのですが、畑のポテンシャル由来と思われる深みがワイン本体に備わっているため、そこそこにバランスが取れている。とはいえ、本領発揮にはあと2-3年はかかるのでは?

(インポーターコメント)

 

ルーシー・コロンバンについて

ルーシー コロンバンは、ブルーノ・シューレールの新プロジェクト。
ブルーノ・シューレールの幼馴染でもあるエリック コロンバンの叔母さんの名前で、ルーシーは1980年代まで彼女の名前を冠したワイナリーを経営していました。コロンバン家の誰も継ぐ意思がなかったということもあり、ワイナリーは廃業、彼らが所有する畑は貸しに出されていたのですが、2017年の契約が切れるタイミングでブルーノが手を挙げます。
それもそのはず、コロンバン家が所有する畑の中には・・
プェルシックベルグのゲヴュルツトラミネール/アイヒベルグのピノ グリ/シャン デ ゾワゾーのリースリング
など、ブルーノ的には垂涎の的なものがあり…。恐らくですが、近所からのやっかみには既に事欠かなかったブルーノ(笑)、そんな良い条件の畑を独り占めして更にやっかまれるのも嫌だったという事情と、コロンバン家に対する敬意を融合させるべく、エリックとエリックの兄弟と一緒に、ルーシー コロンバンという名の会社を立ち上げます。そしてエリックは、ルーシー コロンバンの役員であるのと同時に、ジェラール シュレールの従業員となり、シュレール家とコロンバン家の畑での作業に従事、カガミケンジローが抜けた穴をなかなか埋められずにいたブルーノ的にも大助かりで、彼自身セラーでの仕事に集中できるように…。

インポーター資料より

レビュー

レビューはまだありません。

“ルーシー・コロンバン /ピノ・グリ アイヒベルグ 2018” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です