レミ セデス/ノエ 2019

商品名 ノエ 2019
原語表記 Noe
ワイナリー/生産者 レミ・セデス
タイプ
生産地域 ロワール/フランス
ブドウ品種 ガメイ 
アルコール度数 13.5%
サイズ 750ml

¥4,840 税込

在庫1個

商品カテゴリー: , , ,

説明

レミ・セデスについて

2013年にペイ・ナンテのこの地にドメーヌ設立。同時に初ヴィンテージ。「まだ、初心者です」と謙遜する、真面目で人懐っこくて、繊細な芸術肌のレミ。出身はジュラ地方。元々はプロのアコーディオン奏者。子供の頃から自然の中での仕事に憧れを抱いていた彼は、農業大学で栽培を学ぶ。その時に出会った妻がナント出身だったことから、ロワールへの縁が出来る2004年からはボルドー孤高の自然派で400年以上の歴史のある「シャトー・ルピュイ」で6年間働いた。そんな彼がのめり込んだのは、ロワールの酸ののった美しいスタイルのワイン。

ガメイと最も相性が良いとされる花崗岩土壌。岩盤がむき出しとなった土壌から吸い上げた極上のミネラルに、繊細で伸びのある酸を生み出す。ロワールの最高峰の畑に見られる黒い岩盤の火山岩も。現在4haでガメイは2.5ha。プレ・フィロキセラ(フィロキセラ前の自根のぶどう)も多くある。将来は、自分が完璧に目を光らせる規模の6haを目標にしている。

畑に優しくまた自身が腰を痛めたこともあり畑は、2頭の馬で耕す。馬は土を潰さない、ストレスを与えないのは間違いない。特にガメイの古木は馬でやらねばと考えていた。「命を使って、命を育てる」よう心がけている。

枝の先端=触覚は切らない。ビオディナミを取り入れ、全て手摘みで収穫。畑で完全に選果を行う為、トリアージュ台(選果台)は必要ない。手間暇をかけ、徹底してぶどうへのダメージを最小限に抑える。ナントのガメイの名手「パネオリ」からは、この地ならではのガメイの本質を得た。自然派総師ともいえるジャック・ネオポールとも親交が深い。

インポーター資料より

 

レビュー

レビューはまだありません。

“レミ セデス/ノエ 2019” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です