ローラン・バーンワルト / エデル 2018

商品名 エデル 2018
原語表記 Edel
ワイナリー/生産者 ローラン・バーンワルト
タイプ
生産地域 アルザス/フランス
ブドウ品種 ピノ・オーセロワ、ピノ・グリ、ゲヴェルツトラミネール、ミュスカ
アルコール度数 13%
サイズ 750ml
 

¥3,080 税込

在庫9個

商品カテゴリー: , ,

説明

麦藁色。りんごやマスカット、ライチやプラムなど様々な完熟フルーツの香りや、白や黄色の花を想わせる華やかさや仄かなドライハーブ、蜂蜜などの複雑な香りが感じられます。例年のアロマティックでフレッシュ感溢れる果実などの芳醇な印象に加え、ドライハーブなどから引き出される落ち着いた雰囲気を感じます。口に含むと甘やかな果実香の印象に比べ伸びやかな酸がありすっきりとした飲み口で、芳醇な香りを楽しみながら輪郭の感じられる辛口です。アフターにかけて僅かにミルキーな風味があり柔らかく円さやコクが感じられる変化のある味わいです。2日目にはやや色合いが濃くなり若干酸化した印象が感じられ、擦りりんごや杏などの風味が鼻腔に抜けていきます。

ローラン・バーンワルトについて

1960年代にコルマールの南にある小さな村、オべルモルシュビールで1960年代に創業。現当主のステファンは、80年代に父の後を継ぎ栽培をバイオダイナミクスに転換、醸造においてはクラシカルな方法を採用しておりましたが、クリスチャン・ビネールと出会い2007年から自然派ワイン造りに取り組んでいます。2010年にはジャンマルク・ブリニョが、彼のブドウでワインを仕込んだことから、亜硫酸無添加のワインを主として造るようになっており、2011年にはアンフォラを使ったワインも造るなど、とても挑戦的な生産者です。

(イポーター資料より)