ゲオーグ・リンゲンフェルダー/ コンクビーネ・ヴァイス 2022

商品名 コンクビーネ・ヴァイス 2022
原語表記 Concubine Weiss
ワイナリー/生産者 ゲオーグ・リンゲンフェルダー
タイプ
生産地域 ファルツ/ドイツ
ブドウ品種 シルヴァーナ33%、リースリング33%、ミュラートゥルガウ33%(全平均樹齢25年)
アルコール度数 12%
サイズ 750ml

¥4,290 税込

在庫4個

商品カテゴリー: , ,

説明

手摘みで収穫後、ブドウの半分はすぐに軽く破砕し3日間全房マセレーションし、プレス後に古バリックで自然発酵。残りの半分は全房プレスし、ステンレスタンクで自然発酵。発酵後、ワインには一切触れず、11ヶ月間シュールリー。アサンブラージュ後に3ヶ月ステンレスタンクで静置。無清澄、ノンフィルターで瓶詰め。

 

ゲオーグ・リンゲンフェルダーについて

国・地域:ドイツ、ファルツ州/地区:グロース・カールバッハ Großkarlbach/代表者:ゲオーグ・リンゲンフェルダー/栽培面積:13ha

デニス・ウォルフの従兄弟でもあるゲオーグ・リンゲンフェルダーの家族はこの地で500年前からブドウを栽培している。また、3世代前からこのワイナリーでは不介入主義が貫かれており、化学製品や培養酵母が使用されたことは一度もなく、補糖や補酸もしてこなかった。畑こそが全てを生み出すものという考えの元、なるべく重機を畑に入れない工夫も代々施されてきた。
そんな家族の現当主となったゲオーグは、父親のラインナップとは別に独自のワインを造り始め、2021年に最初のビンテージをリリースした。直接話して感じるゲオーグと他の多くのドイツ生産者の異なる点は、彼にドグマティックな要素が感じられないところだ。本人も言うように「ワインメイカー」ではなく、自然のプロセスのエスコートをしている管理人のような感覚はゆったりしている彼の話
し方から伝わってくる。家族代々自然を尊重したワイン造りを続けてきたからか、彼が自然に対して持つ畏敬の念は会話を通じて強く伝わってくる。ブドウやモストの扱い方も非常に丁寧で、まるで赤子をあやしているようでもある。
グロースカールバッハは有名なダイデスハイムから北に20kmの位置にあり、ゲオーグの畑はショヤマンやゼッキンガーよりもライン川に近い。そのため土壌はより肥沃で、丸みと温かみのあるワインができる。2021年がファーストビンテージの彼の旅は始まったばかりであり、既に大きく注目されている若手である。

インポーター資料より