ガイア 2013 マグナム / カンティーナ・ジャルディーノ

商品名 ガイア 2013 マグナム
原語表記 Gaia 2013 Magnum
ワイナリー/生産者 カンティーナ・ジャルディーノ
タイプ オレンジ
生産地域 カンパーニャ/イタリア
ブドウ品種 フィアーノ
アルコール度数 14%
サイズ 1500ml
 

¥10,800 税込

在庫1個

説明

エノーロゴ(醸造家)として大手ワイナリーで働いていたアントニオ デ グルットラは、家族や友達のためのワインを買いブドウで自家醸造をしていました。その量も半端ではなく、毎年2000本程度は造っていたという話です。アントニオ達の住む、アリアーノ イルピーノという町の主要農産物は穀物とオリーヴで、ブドウ畑はあまりなかったため、30-40km離れたタウラージの生産地域の農家までブドウを買いに行っていました。

このゾーンに通い、様々な農家を訪ねていく中で、生産効率、収量などをあげるために樹齢の古いブドウ樹を抜いてしまい、新たに畑を仕立て直す農家が多いのを目の当たりにします。

農家としては収穫量で収入が決まりますから、一定の面積からできるだけ多くの量を収穫したいと考えるわけです。加えて、畑を新しく仕立て直すのに助成金も出ます。アントニオ達も彼らの気持ち、事情は十分に理解できるのです。しかし、樹齢の高い樹からは樹齢の若い樹がどう頑張っても真似できない品質の、凝縮性の高いブドウが獲れる。一度抜いてしまって、新しく作り直したブドウ畑が再び高樹齢と呼べるようになるまでには、当然のことながら何十年という時間が必要です。

そんな生きる文化遺産とも言える高樹齢ブドウ樹を、その重要性に気付いている俺たちが守らないでどうする!守るためにはどうすることができるか?それは農家から、高樹齢の樹から獲れるブドウを付加価値(重量でなく、品質にお金を払う)をつけて買うこと以外にない。それをある程度意味ある活動にするためには、自家消費用程度を造っているようでは駄目で、商品として醸し、売り、ワインの品質(=ブドウの品質)を消費者に評価してもらい、農家を勇気づけ、彼らのモティベーションとなり、噂が伝播し、結果、より多くの農家を巻き込んでいかなければならない。

というわけで、アントニオと5人の仲間が集まり、各々が投資し、ワイナリーを始めます。タウラージ生産地域は地価も高く、若い彼らには高嶺の花で、畑の購入を断念。信頼の置けるブドウ栽培農家から購入したブドウだけでワインを生産することに。

この地域の伝統的な仕立て法、ラッジエラ アヴェリッネーゼは、上から見ると樹が十字に広がるように見えるのですが、実は写真のように2本のブドウ樹を至近に植えてあります。

非常に面積を必要とする仕立てなので、新たに畑を作ろうという人で、この仕立てにする人はまずいないのではないでしょうか。昔はブドウ樹の下は下で野菜畑として利用していたのだと思います。

アントニオ達はそんな高樹齢の畑を守るために、市場価格より遥かに高い金額で農家からブドウを買い上げます。取引する農家は当然のことながら、もともと自然環境にリスペクトを払った農業を行っていたところばかりなのですが、そんな彼らに草生栽培や無肥料での栽培など、さらに踏み込んだ農法を依頼し、より高品質のブドウを生産してもらっています。

そしてこれがまた凄いのですが、それまでは生産したブドウを売っていただけの農家たちは、アントニオの醸造面、マーケティング面での援助により、自らワインを生産し、ボトリングするまでになっていて、双方にとって有効かつ建設的な関係が築かれているのです!タウラージのゾーンはかつて、大規模生産者だけがボトリングを行って(ブドウを買い上げて醸造する、もしくはワインを桶買いして)いました。

農家は大手ワイナリーと直接契約するか、仲買人にブドウを売り、自家消費用のワインだけを自ら醸造していました。その仲買人は大手ワイナリーや、ナポリなどの大都市の市場にブドウを卸していたといいます。つまり、ナポリの市場で、”ワイン用ブドウ、アリアーニコあります”みたいな感じでつい最近まで普通に売られていたんです。近年では、農家が自らボトリングを始めるようになってきていて、そのワインの品質には目覚しいものがあります。

ヴィナイオータが取り扱う、カンパーニア州の残り2軒の生産者、イル カンチェッリエレとルイージ テッチェも、アントニオの後押しでボトリングを始めた造り手になります。

醸造面では、アントニオの醸造家としての知的好奇心を満たすべく、様々な試みがなされています(あくまでも自然な手法で)。白ワインにも醸し醗酵(皮ごとの醗酵)を行い、キュベによっては酸化防止剤も完全無添加でボトリング、そしてアンフォラ(テラコッタの壺)での醸造!

このアンフォラ、知り合いの陶芸家と一緒に自分で作ったそうです!グルジアのあたりでは、アンフォラを地中に埋めて醸造していたのですが、この辺りでは小さめの壺を地中に埋めることなく醸造していたそうです。彼らの場合は、除梗して軽く潰したブドウをアンフォラに入れ、蜜蝋で封をして6ヶ月放置、圧搾し、大瓶でしばらく寝かせてからボトリングする手法を採用しています。

恐らく年間10,000本程度は生産しているのだと思うのですが、それだけでは生活できないと彼らは言います。買いブドウで、なおかつそれに高額のお金を支払っているため、本来もう少し価格の設定を高くしなければいけないのですが、それではますます訴求力に欠けてしまい、伝統(畑)を守るという本来の目的を最小限でしか実現できない。なので、利益はあまり取らずに、その利益もワイナリーの投資に充て、そして生活のベースを得るために、アントニオは化学の非常勤教師をし、ワイナリーの投資者でもある彼の奥さんダニエラと彼女の弟は親戚の営むガソリンスタンドで働いたりしています。

彼らの農家をフォローしようとする活動は本当に素晴らしいし、ワインも個性的(そしてラベルも)で、凄く美味しい、だけど心を揺さぶるものに欠ける気がしていて、それが何なのか薄々気が付いていました。そんな時に彼らから素敵なニュースが。ついに5ヘクタールの畑を買い、その中にはなんと樹齢100年の樹の植わっている区画もあるとのこと!

造り手の多くが、良いワインを造るための仕事の8-9割は畑で完結していると言います。つまりセラーでできること、やるべきことは、畑に比べると極僅か。だとするならば、買いブドウ(もちろん品質の良いものではありますが)であそこまでの品質を実現できるアントニオ達が、自らブドウを育て、魂をブドウに込めることができたら、どれほど凄いことになるか!考えるだけでわくわくしてきます!

現当主カミッロの祖父であるオルランドが1930年に植えたブドウによる自家消費用から始まったワイン生産を、カミッロが商業化したワイナリー。エミリアロマーニャ州はポー河流域の肥沃な平野部が中心となっていることから、畑では仕立てを上へ高くして収量を増やすのが主流です。しかしこのカミッロは標高約250mの東向きの畑で一切の化学的な薬剤を使用せずにブドウを栽培、ワイナリーではこの地方に残る伝統的な手法にこだわり続けています。生産しているすべてのブドウに対してマセレーションを行い、野生酵母による醗酵、全ての工程で温度管理を行なわず、出来る限り自然な形で醸造。フリッザンテ製造のためのフィルタリング作業にも木綿の袋を使用。二酸化硫黄の添加もブドウをプレスした直後にのみ使用されるだけで、その量もごく少量(30-40mg/l)。

インポーター資料より

 

レビュー

レビューはまだありません。

“ガイア 2013 マグナム / カンティーナ・ジャルディーノ” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です