ユリイカ 2014/ラ・クーレ・ダンブロジア

商品名 ユリイカ 2012
原語表記 Eureka
ワイナリー/生産者 クーレダンブロジア/ジャン・フンソワ・シェネ
タイプ 白泡
生産地域 ロワール/フランス
ブドウ品種 シュナン・ブラン
アルコール度数 12%
サイズ 750ml
 

¥4,752 税込

在庫2個

商品カテゴリー: ,

説明

Eurekaはアルキメデスが、アルキメデスの原理を見つけた時に叫んだ言葉と言われています。樹齢20年のブドウを使用し、全房プレスの後タンクで発酵。アルコール発酵が終わる前に瓶詰めしたアンセストラル方式です。デゴルジュマンは1年後、もしくは2年後と年によって違い、デゴルジュマンの時に減ったワインは同じワインを足しています。やや濃い黄色。黄桃などのフレッシュな果実とやや熟成感を感じさせるドライのプラムやアプリコットなどの香りや風味が混ざり合い、仄かに木の皮などの芳ばしい香りも感じられます。優しい甘さのアタックが飲み口を良くし、細かな泡と共に凝縮した果実味とドライアプリコットを想わせるほどよい酸が広がり、泡は儚く消えていきます。黄桃の核に近い果肉のようなタンニンと塩気、カレーのようなスパイスの風味が僅かに感じられます。ユリイカの特徴的な塩味とスパイス感、海のような旨味を想わせる雰囲気に、これまでリリースした2012年の旨味や2013年の完熟した果実味など、それぞれの長所が混ざり合うような味わいです。

 

クーレダンブロジアについて

グリオットのワインを飲んでこの道に進んだ ジャン-フンソワ シェネは、「農民であることに誇りをもてる仕事をする」、その想いを胸に抱き自然環境とワインを飲んでくれる愛好家を尊重した農業に取り組むことを決め、化学物質に頼ることなく土と対話を重ねそれを育み、自然かつ健全なブドウを完熟した状態で収穫することに注力してきました。また、醸造者としては「決してワインを触りすぎることなくありのままに造ること」を旨とし、酵母や亜硫酸はもちろん酵素もビタミン剤も決して加えず、成り行きのままに醸造します。強い個性を有するが故に、リリースするまで長い年月を待って良い状態にしたにも関わらずその品質を否定され、父親から譲り受けた畑の一部を売却して資金繰りに充てざるを得ない状況に陥り自分の仕事に対して悩んだこともありましたが、尊敬する生産者からの助言や励ましを得て現在に至っております。

彼が造るワインは、自身に強い影響を与えたグリオットのそれに劣らぬ無限のポテンシャルを秘めており、彼がこの土地で造るからこそできる唯一無二のものだと述べても過言ではないでしょう。

レビュー

レビューはまだありません。

“ユリイカ 2014/ラ・クーレ・ダンブロジア” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です