レ・サボ 2017 / アド・ヴィヌム

商品名 レ・サボ 2017
原語表記 LES SABOTS
ワイナリー/生産者 アド・ヴィヌム  / セバスチャン・シャティヨン
タイプ ロゼ
生産地域 ラングドック
ブドウ品種 カラドック、ソーヴィニオン・ブラン
アルコール度数 12%
サイズ 750ml
 

¥5,292 税込

在庫2個

説明

土壌:カラドック…粘土、泥灰岩土壌。森に囲まれた場所。ソーヴィニョン・ブラン…粘土石灰質土壌。樹齢約40年。

醸造:両品種混醸造。ぶどうをまず冷蔵庫で冷やしてから低温度で醸し。グラップ・アンティエールで3日間のマセラシオン・セミ・カルボニック。破砕無し、ピジャージュ無し、ルモンタージュ無し。

熟成:フリーランジュースとプレス・ジュース別々の古樽でアルコール発酵と熟成8ヶ月間。ブレンドしてボトリング。

ギ・ドゥ・モーパッサンは19世紀のフランスの有名なレアリスム作家であり小説家。フルネームはギ・ドゥ・モーパッサンでセバスチャンと同じノルマンディー出身。セバスチャンが生まれて20歳まで育ったイヴト村にモーパッサンは家を持っていた。彼の幼なじみの家族が今その家に住んでおり、幼い頃から遊びに行ったり、飲んだり、語ったりしていたので、自分の故郷への愛と好きな文学を全てこめて。キュベ名のレ・サボは「木靴」の事。フランスで昔農家が履いていた皮と木でできた履物。またモーパッサンが1883年に書いた小説のタイトルでもある。この小説は使いの少女と主人の切ない恋の話。ウブな少女はフローラルなソーヴィニョン・ブランで、傲慢な主はパワフルなカラドックで表現されている。想像のつかない、相反した者同士のマリアージュ。

アド・ヴィヌムについて

20代のころ、ロワールのルネ・モスのところで季節労働者のような形で4年間ほど修行を積んだのち、世界トップ50のレストラン『シャトーブリアン』(パリ)でシェフ・ソムリエをやっていた。彼の功績は、シャトーブリアンの見事なワインセレクションを造りあげたことだろう。ソムリエとして、ワインを探しに醸造家を訪問しているうちに、ワイン造りに興味をもつように。ノルマンディー地方の田舎出身のセバスチャンにとって、環境の良いところで生き生きと自然派ワインを仲間たちと造っている
醸造家達の生き方に感動してしまった。

もともとフットワークが軽く、なんでも勢いに身を任せて行動する彼が、ワイン造りを決心したのが2015年~2016年にかけて。
ヴァランタンの隣村に引っ越してきて、最初はヴァランタンを手伝いながら、ついに2016年にネゴス(買いブドウでワインを造るスタイル)を設立。醸造家仲間からぶどうを買ってワインを造り始めた。

そして、忘れてはいけないのが彼のその人脈。周りをマキコミ、大騒ぎをしていろいろとかき乱されるのだが、この稀代の人たらしは、あらゆる自然派の生産者から非常に愛されている。買いぶどうも、もちろん信頼できる生産者のものやラングロールのエリックに紹介してもらった畑のものを購入。使用している樽はコサールやガヌヴァのもの。

セバスチャンのワインは南仏のワインでありながら、どことなく涼しさを感じたり、産地不明感があるのはこの為だ。

さらに付け加えると、セバスチャンはルネ・モスで修行する前は、パンク・ミュージシャンとして活動していた時期がある。
音階の代わりに、品種と醸造法の違う液体を組み合わせて一本のワインを造っている。正直、意味不明なアッサンブラージュも多いが、だからこそ魅力が詰まっているのもまた事実。

自然派ワインの地平線をも動かしそうなスタイルのワインを世に出したセバスチャン。これからのエヴォリューションが楽しみな醸造家が誕生した。

インポーター資料より

 

レビュー

レビューはまだありません。

“レ・サボ 2017 / アド・ヴィヌム” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です