レ・ゼタップ 2016 /ラ・ヴィーニュ・デュ・ペロン

商品名 レ・ゼタップ 2016
原語表記 Les Estapes 2016
ワイナリー/生産者 ラ・ヴィーニュ・デュ・ペロン / フランソワ・グリナン
タイプ
生産地域 サヴィワ/フランス
ブドウ品種 ピノ・ノワール
アルコール度数 12%
サイズ 750ml
 

¥6,480 税込

在庫3個

商品カテゴリー: , ,

説明

ラ・ヴィーニュ・デュ・ペロン について

リヨンから北東に1時間ほど行ったところにあるサヴォア地方で、1年のブランクを空けて、フランソワ・グリナン氏がワイン作りを再開しました。(この再出発にあたって、ベルギー人の2人のナチュラルワイン愛好家が共同経営者として参加しています。)4種類のワインのうち、ルーセットとピノ・ノワールは、以前同様、ヴィル・ボワ村にある自社畑のものです。ガメイとシャルドネは、ビオロジック栽培をする生産者からぶどうを買っていますが、4つ全てを合計しても2.1Haという、以前より少ない生産量です。ナチュラルワインを作り始める前はピアニストだったというグリナン氏。 古くて小さな醸造所をきちんと改装しているあたりは、氏の人柄が表れています。勿論ワイン作りもとても丹念です。

ヴィル・ボワ村は山間部へと続く渓谷にあるため、ぶどう畑は標高約250mの斜面に点在します。夏であっても、夜になると冷涼な風が吹くため、ワインにフレッシュ感と締りが生まれるのです。ピノ・ノワールが植わる「レ・ゼタップ」の区画は歩くのさえ大変な急斜面です。畑の周りは季節の草花が絨毯のようにさまざまな色の花を咲かせています。醸造面では人口培養酵母や酵素は使いませんし、補糖もしません。そして清澄や濾過もしない、現代において当然となった醸造技術や人的介入を控えたワイン作りをするには、ビオロジック栽培で育てた健全なぶどうが必要なのです。具体的に言うと、合成化学物質の農薬を使ったぶどうには、野生酵母が少ないため培養酵母を加えなければ醗酵が安定しない場合があります。ビオロジック栽培のぶどうは、野生酵母の数が多く活力があるため、作柄が不安定な年でも問題なく醗酵が進んでくれます。そしてSO2を使わずに醗酵と熟成を行いますが、そうするとSO2を控えるための注意が必要です。できるだけ空気に触れさせずにワイン作りをすれば、ワインが還元状態になる可能性が高くなります。還元を起こりにくくするためには、醸造の時だけではなく、ぶどうが育つ段階から考えなければなりません。堆肥を多くやりすぎると、ワイン作りの過程で還元しやすくなりますし、一方で地中の窒素成分が少なすぎると醗酵の妨げになるため、バランスを取るのが大切です。 AOC法では2009年から「AOC Vin de Bugey」を名乗れるのですが、それを用いずVDTにすることに決めました。

レビュー

レビューはまだありません。

“レ・ゼタップ 2016 /ラ・ヴィーニュ・デュ・ペロン” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です