VdF ルージュ クリス 2013 / フォンテディクト

商品名 VdF ルージュ クリス 2013
原語表記 VdF Rouge Coulisses 2013
ワイナリー/生産者 ドメーヌ・フォンテディクト / ベルナール・べラッセン
タイプ
生産地域 フランス(ラングドック)
ブドウ品種 カリニャン
アルコール度数 14%
サイズ 750ml

¥4,428 税込

在庫3個

説明

2016年5月の入荷時は色合いも今よりも濃さがあり紫がかった印象で、果実の風味もカシスなどの黒系果実の若々しく凝縮感のあるもので、また揮発酸の高さを強く感じました。約1年5ヶ月経過した今ではミディアムで柔らかいタッチとなり、熟した甘酸っぱい赤い果実の風味で酸はありながらも果実味とのバランスが良く、酸は鋭角に感じられなくなりました。やや赤みの強い濃いガーネット色。熟したフランボワーズなどの赤い果実とビターカカオのような香りや風味が混ざり合うような印象で、口当たりは非常に柔らかく感じられます。ミディアムな仕上がりで負担がなく、以前の溌剌とした凝縮感のある若々しい果実の印象は落ち着きへと変わり、熟成由来の複雑さや円み、物腰の柔らかさが感じられ深みが増してきました。未だ揮発酸の高さは伺えますが、突出して感じられないのは、このワインにあるフランボワーズのような果実の酸に似ていることと、タンニンや味わいなど全体の方向性が一緒なことで上手く溶け込み、バランス良く感じられるからだと思います。赤ワイン片手に甘さ控えめのフランボワーズカカオをかじったような、甘酸っぱさとビターな風味が心地よく口中に広がります。常温に近い温度帯ですと酸やタンニンが際立つことがなく、柔らかな風味や深みを感じクリスの持ち味をお楽しみ頂けます。
フォンテディクトのワインは、南のワインとしてはパワフルなものではありません。素朴ながらも芯があり、どこか繊細で温かさを感じられるワインです。

 

ドメーヌ・フォンテディクト

ベルナール・べラッセンの父親はチュニジアでイチジクの蒸留酒(ブッハ)を醸造する家庭、母親はイタリア・パンテレリア島のワイン生産者の家庭に生まれました。ベルナールはチュニジアで1951年に生まれ、10歳の頃にフランスのペルピニャンに移り住みました。その頃、父はベジエとナルボンヌ辺りの平地の畑で、馬やロバを使い耕作し有機栽培でジュースを造っていました。幼い頃から自然と目にしていた農法、また、学生時代にマクロビのレストランでアルバイトをしていた影響などもあり、彼がワインを醸造するにあたって馬を使っての有機栽培は自然な流れでした。当時、他の生産者からは時代遅れと笑われることもありましたが、シャプティエが興味を持ち、彼の所に教えを乞うほどでした。今も変わらずの姿勢で栽培・醸造に取り組んでいます。

 

 

レビュー

レビューはまだありません。

“VdF ルージュ クリス 2013 / フォンテディクト” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です