レミ・ルロワ/ブリュット・ナチュールNV 19

商品名 シャンパーニュ・ブリュット・ナチュールNV
原語表記 Champagne Brut Nature
ワイナリー/生産者 レミ・ルロワ
タイプ 白・泡
生産地域 シャンパーニュ/フランス
ブドウ品種 ピノ・ノワール65%、シャルドネ30%、ピノ・ムニエ5% (リザーヴワイン20%)
アルコール度数 12.5%
サイズ 750ml

¥6,930 税込

在庫3個

説明

ピノ・ノワール65%、シャルドネ30%、ピノ・ムニエ5% (リザーヴワイン20%) ドザージュ0g/L(2021年12月デゴルジュマン)
僅かにオレンジがかったシャンパンゴールドの色合い。パリッとした新鮮な梨やりんご、柑橘などの香り、加えて白い花の華やかさや柑橘のピールなどほろ苦い香りが感じられます。岩清水のような清らかでスッと体に馴染んでいくような飲み心地で、繊細な泡と共に柑橘などを想わせる風味がふっくらと口中を覆うように広がり、アフターにかけて芳ばしい風味やコク、旨味が感じられ奥行きのある印象を受けます。スッキリとしたシャープな印象がありながら、角の取れた円みのあるテクスチャーで、ノン・ドザージュならではの雑味の無い無垢な果実の風味がストレートに伝わり優しい甘みが余韻とともに残ります。

 

レミ・ルロワについて

シャンパーニュ地方の南部、シャブリに近いコート・デ・バールの若手生産者。トロワ市の東南約50KMに位置する住民200人ほどの小さな村ムルヴィルにドメーヌはあります。トータル9haを所有し、父の代からネゴシアンにブドウを販売してきました。レミが「畑の男」と評する父は、休日も畑に出て生き生きとした姿で土やブドウの樹に接しており、子供のころからそんな父の背中を追ってブドウ栽培の手伝いをしていました。

そしてアヴィ―ズのブドウ栽培学校に通った後、父の範疇ではなかった醸造にも興味を持ちはじめ、ボルドー大学で醸造科のディプロムを2006年に取得しました。ルイ・ロデレールとヴエット・エ・ソルベで修業した後、2008年に父の元に戻り、2009年から自身のシャンパーニュ造りを始めました。現在は生活を成り立たせるため、ネゴシアンにブドウを販売しながら、一部の区画だけ(2014年は約3 ha 分)で自身のキュヴェを仕込んでいます。

今後納得のいく収穫が得られるごとに、徐々にその割合を増やしていく予定で、単一区画、単一収穫年のキュヴェを造るべく準備中です。特に台地に位置する「メール・シュール・モン(山の上の海)」という名の区画は、まさに 小山が海のように連なる場所で、日差しを存分に受け、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネのほか、ピノ・ブランも混植されています。


インポーター資料より

レビュー

レビューはまだありません。

“レミ・ルロワ/ブリュット・ナチュールNV 19” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です