テクスチャー・ライク・サン 2017 / オコタ・バレル

商品名 テクスチャー・ライク・サン 2017
原語表記

Texture Like Sun

ワイナリー/生産者 オコタ・バレルズ
タイプ
生産地域 ヴァロッサ・ヴァレー/オーストラリア
ブドウ品種 グルナッシュ、ガメイ、シラー、ピノグリ、シャルドネ、ゲヴュルツトラミネール
アルコール度数 11.5%
サイズ 750ml
 

¥5,184 税込

在庫1個

商品カテゴリー: , ,

説明

ザ・ストラングラーズの名曲「Golden Brown」の歌詞の一節を冠する赤白混醸ワイン。渇いたキーボードの音色とメランコリックなメロディーから察すると、日中じゃなくて、哀愁ある夕暮れの太陽だと思う。ヴァロッサヴァレーの見たいことないような美しい夕焼けの空。「何も考えずに飲んで欲しいワイン」と説明にあるが、目が眩んでしまうような強い光のテクスチャーではなくて、すごい景色に思考がストップしてしまうような感じ。

オコタ・バレル について

タラス オコタはアデレード大学で醸造学を修めた後、数々の有名ワイナリーでワインメーカーを歴任してきた秀才でした。南オーストラリアではTwo HandsやMurray Street Vineyards、Nepenthe、更にイタリアのプーリアやシシリー、カリフォルニアではKunin、Bonnacorsi、Arcadian、Schrader、Out Post、Hitching Post’sといったワインをスターダムに伸し上げた先に選んだ道が現在のオコタ バレルです。それは妻アンバーと共に古びたワーゲンワゴンに乗りながらカリフォルニアからニューメキシコに掛けてサーフィン ツアーをしながら思いついたアイディアで、生まれ育った南オーストラリアでクラフトワインを作るプロジェクトでした。アデレードヒルズの中でも最も涼しいレンズウッドに居を構え、オコタが始めたワイン作りは只管シンプル。野生酵母発酵で無清澄、無濾過。バスケットプレスで古めかしく作る昔ながらのスタイルです。醸造過程では一切のSO2を拒絶しています。とはいえパンク ミュージックとサーフィンがライフスタイルの中心にあるタラスが作るワインですから当然作りはファンキー。特に南フランスで出会った沢山のワインメーカー達や同じ集落で暮らすルーシー マルゴーやヤウマ達から大きな影響を受けて、そのワインスタイルは毎年どんどん変貌を遂げています。

レビュー

レビューはまだありません。

“テクスチャー・ライク・サン 2017 / オコタ・バレル” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です